マウスピース(マウスガード)で
様々な治療に対応
スポーツ中の怪我・食いしばりによるお口・歯のトラブルを予防する「スポーツマウスガード(スポーツマウスピース)」や、
睡眠時の無意識下での歯ぎしり・食いしばりから歯のダメージを防ぐための「ナイトガード(マウスピース)」にも対応しています。
東岡崎駅すぐの歯医者 LiCO(リコ)ファミリー歯科では、一人ひとりのお口にフィットする専用マウスピースをお作りします。

スポーツマウスガードの装着について

*
スポーツ中の口腔内の外傷予防を目的としたマウスピース

スポーツ用のマウスピース(マウスガード)は一般のスポーツ用品店などでも取り扱いがありますが、歯科医院でつくるオーダーメイドのマウスピースとはフィット感が全く違います。 岡崎市の歯医者 LiCO(リコ)ファミリー歯科でお作りするマウスガードは、歯並び・咬み合わせにピッタリフィットし、顎・口まわりへの衝撃を緩和するため、特に動きが早い・激しい接触や衝撃が伴う競技では、歯の破折/顎の骨折/口腔内外の軟組織の損傷/脳震盪などの様々なお口のトラブルを予防できます。さらに、お口に合ったマウスピースなら噛みしめることで、より強い瞬発力を引き出したり、集中力の向上も期待できるため、力を発揮しながらより安全にスポーツを楽しむことができます。

マウスピースの着用が
義務化・
推奨されているスポーツ

義務化
  • ラグビー
  • ボクシング
  • キックボクシング
  • アメリカンフットボール
一部義務化
  • アイスホッケー(37歳以下)
  • インラインホッケー(20歳以下)
  • ラクロス(女子のみ)
  • 空手(流派による)
装着を推奨・可能
  • サッカー
  • バスケット
  • バレーボール
  • ハンドボール
  • 水球
  • バドミントン
  • テニス
  • スカッシュ
  • 野球
  • ソフトボール
  • 自転車競技
  • ウエイトリフティング
  • レスリング
  • 柔道
  • 相撲
  • スケート
  • スケートボード
  • スキー
  • スノーボード など

一人ひとりのお口に合わせたオーダーメイドのスポーツマウスガードを提供します!

睡眠時の歯ぎしりから守る、ナイトガード

*
歯ぎしりは歯だけでなく、全身の健康へ影響を及ぼす
睡眠時の歯ぎしり・食いしばりは、体重の2〜5倍の力を歯・歯周組織に与え、大きな負担をかけることはもちろん、顎関節への害悪となり、顎関節症を引き起こす原因となることもあります。他にも肩こり/頭痛/腰痛/全身の倦怠感/に繋がることも…。
また、顎の力が強い場合はセラミックの詰め物・被せ物の破損リスクも引き上げます。
岡崎市両町の歯医者 LiCO(リコ)ファミリー歯科では、患者さんのお口・歯並びにピタッと合う就寝時に装着するマウスピース(ナイトガード)で、歯ぎしりの負担軽減・全身の健康をサポートし、快適な暮らしを支えます。
  • 影響
    01

    ・歯周組織

    歯ぎしりで歯の表面を損傷し、滲みたり噛んだ時に痛みが出る場合があります。また、顎の力が強いと歯が折れたり、セラミック等の補綴物の割れ・欠けにつながることも…。
    歯の周辺組織にもダメージを与える恐れがあり、歯肉炎・歯周炎をはじめ歯周疾患の発症リスクを引き上げる可能性もあります。

  • 影響
    02

    関節・筋肉

    強い力での歯ぎしり・食いしばりで、顎関節にも無意識に負担をかけています。そのため、症状に気づかず長い間放置していると口を開閉時にカクカクと音が鳴る顎関節症を発症し、痛みに繋がることも…。急に口が開けられなくなったり、開口障害を起こす恐れもあるので、注意が必要です。

  • 影響
    03

    調・歪み

    歯ぎしり・食いしばりをする際、咀嚼時に使用する筋肉にも大きな力がかかります。顔面痛や頭痛、お口から離れている腕の痺れ、肩こりや腰痛の原因となり症状を発症する可能性があります。
    また、異変の確認もできず舌が痛む舌痛症や、むち打ちのような症状、倦怠感などの症状が現れることも稀にあるため、不調を感じた場合はご相談ください。

  • お知らせ
  • ブログ
  • よくある質問
  • 採用情報
  • instagram